水彩画を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な5000円の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 草薙涼子の木版画
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • チョン・ドンジュ
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

水彩画のコーナーへようこそ!


各作品の上でクリックして頂きますと水彩画の詳細な情報と大きな画像がご覧頂けます。

ごゆっくりどうぞ・・・。

★水彩画の下の表記は上から順に
作品名・絵だけのサイズ・額装サイズ・価格(税込価格)となっております。



全5ページ / 1ページ





このコーナーでは色々な画家さんが描いた水彩画を販売しています。

水彩画の絵具は大きく分けると、透明水彩絵具(ウォーターカラー)と不透明水彩絵具(ガッシュ)の二つに分けられます。

このコーナーではどちらの水彩画も販売しています。

ちなみに小学生の時に授業で使った水彩絵具はマット水彩と呼ばれ、透明水彩と不透明水彩の中間に位置するもので、両方の用法に対応できるように考えられたものです。

水彩画は非常に歴史が古く、旧石器時代のヨーロッパで洞窟に描かれた絵にまで遡ると言われ、少なくともエジプト王朝時代には写本彩色のために使用されていました。

水彩画は油絵やアクリル画などとは違って、やり直しがきかない一発勝負の技法ですから、画家さんの技術と経験がとても大切です。

この水彩画のコーナーでご紹介している若松愛子さんの水彩画は、何度も何度も同じ色を塗り重ねそれでも色が濁らないように細心の注意を払いながら描かれた苦心の水彩画です。

  自由に伸びやかに描かれた若松愛子さんの水彩画からは、決してそのような苦労は感じられませんが、画家さんは自分のオリジナルティを出すために色々な工夫を重ねておられます。

サン村田さんの水彩画はガッシュ(不透明水彩)で描かれた水彩画です。

この宝石のように美しいサン村田さんのガッシュの色は、40年間こつこつと研鑽を重ねることで出せるようになった色彩です。

サン村田さんは、カナダ在住の画家さんでカナダの美しい大自然を描いた水彩画をこれから日本にたくさん送ってくれるはずです。

内藤謙一さんは、川原に生えている葦をペンにして優しく懐かしさを覚える水彩画を描かれます。

国内はもとより海外へも取材旅行に出かけて、世界の様々な美しい風景や歴史ある建築物を見事に紙上に描き出してくれます。

アートギャラリーモトカワでは、これからも才能溢れる水彩画家さんを発掘して、他では見られない素晴らしい水彩画をお客様にご紹介していきたいと思っています。